体内時計をリセット

体内時計をリセットしてみましょう

体内時計をリセットしてみましょう

 

人間には体内時計があります。

 

時計を見て時間を確認するのではなく人間の身体が
勝手に身体のリズムを作るのですが、時を感じる力が
備わっているのです。

 

誰でもどこかで体内時計という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

 

体内時計は誰にでも備わっていますよ。

 

赤ちゃんから高齢者まで男女関係なく誰にでも体内時計があります。

 

誰にでも時を感じ取る力があるのです。
朝になると勝手に目が覚めたり日が沈むと何となく眠くなったり・・・。

 

こういうことも体内時計があるから起ると考えていいのです。

 

睡眠がうまく取れないとか寝ても途中で目が覚めてしまうとか、
ちょっとした物音で目が覚めるという人は体内時計を
一旦リセットしてみるといいのかな〜と思います。

 

体内時計が狂っているとうまく睡眠が取れなくなるようなので、
ちょっとつらいかもしれないですが早起きして朝日を浴びるようにしてみるのです。

 

朝日を浴びることを続けると体内時計がリセットされるようですよ。

 

休前日のプチ贅沢睡眠方法!

 

普段はしっかりと気持ちの良い睡眠が取れていますか?

 

平日は仕事で寝るのも遅いし、朝も早いし、正直全然、
質の高い睡眠が取れない…、という人がほとんどではないでしょうか。

 

そこで今回、
誰でも気軽に行える休前日のプチ贅沢睡眠をご紹介いたします!

 

まずいくつか必要なものがあります。とは言え、必要なアイテムは
次の3点なので、近所のドラックストアなどで簡単に購入できます。

 

・発熱型のホットアイマスク

 

・通常のアイマスク

 

・耳栓

 

この3点を、ベットや布団の枕的に用意してください。

 

次に、自宅の浴槽にお湯を張って、シャワーではなく、
きちんと入浴できる環境を整えてください。

 

(自宅に浴槽がない、トイレ共同型シャワーなどの場合は、
近所の銭湯などをご利用することをおすすめいたします。)

 

これは、高まった体内の温度が下がることで眠気が起きるので、
湯船に浸かり体の深部まで温度を上げることで、よりスムーズに
眠気が誘発されるようにするためです。

 

シャワーでは体の奥まで温度が上がらないので、
やはり質の高い睡眠のためには、浴槽に浸かることが望ましいです。

 

これで準備は整いました!

 

あとは、湯船に浸かりしっかりと体を温め、お風呂上がりに
軽くストレッチを行い、布団に潜り込みましょう。

 

布団に潜り込んだら、枕元にある耳栓を装着し、ホットアイマスクを付け、
その上から通常のアイマスクも付けましょう。

 

アイマスクを二重にする意味としては、ホットアイマスクだけでは
少し薄く光も通してしまうので、眠りに誘う温もりと外界との遮断を
両立するためです。

 

これで準備は万端。

 

おっと、当然ながら、目覚まし時計はOFFに設定するのも忘れずに。

 

そして、そのままホットアイマスクの温もりを感じていれば、
自然と深く質の高い眠りに落ち、心身共にベストな回復を迎えたところで
自然と目が覚めるので、日頃の睡眠不足や疲れが一気に吹き飛びます!

 

もちろん、個人差はありますが、
睡眠不足や疲労感にお悩みの方は、是非とも一度試してみてください。

 

そして、グッスミン酵母のちからのサプリメント
かなり役に立つと思います。